慶輪9×8×7 ポカリブログ

日本全国どこかで毎日のように開催されてる競輪 狙えるレースは必ずあります。 そんなレースを厳選し、競輪戦術のスキルアップを目標に闘う競輪ブログです。

『競輪は初手』 『競輪に感謝』m(__)m

玉野記念G3

顔見世番組で肚を括れるこのライン

玉野G3GIII瀬戸の王子杯争奪戦
第12レース S級初日特選

ド先行は不在。こんな構成でレースを構築してくるのは自在になんでも熟す古性 優作くん。その流れを利してスピード系規格外の二人がどんな戦いを見せてくるのか。。。
また初日だけに神山をつけた新田の先行も想定内にと、狙いところ満載の顔見世番組で肚を括れるこのラインから
↓ ↓ ↓


にほんブログ村
玉野1

『隊列に落ち着くまでの流れ』


人気ブログランキングへ
玉野GIII瀬戸の王子杯争奪戦
(最終日)第8レース S級特選2025m(5周)先頭固定競走
⇐S①57・④83・⑥92

凡そ上記初手、または共にスケート出身の機動型④西谷・⑥吉澤の入れ替わりはあるが、最終ホームは⑥92・④83・①57の一本棒。
そこで。。
問題は各機動型が、その『隊列に落ち着くまでの流れ』が重要なのが競輪だ。

まずは中団に入るであろう④、本来は位置取りは褒められるものではないが、格上①は並走嫌うタイプゆえに、⑥ラインを一旦切ることなく追走しての中団確保なら、これは大チャンス。また①が④の実力を軽視して居るであろうことも考慮に入れての中団確保。
303西谷  岳文
しかしながら①を斬っての位置取りとなると、これは同じ中団でも全くもって違う。
この局面では、④の捲りの威力は半減から⑥の先行を捲くることは至難の①の引き出し役的存在に。。。

一転して浮上は⑥吉澤  純平くん。
303吉澤  純平
④が上記初手から斬ってくれたり、初手真ん中⑥92なら、これは⑥にとって大アドバンテージだが。。。
それでも圧倒的な突破力から阿波のハードパンチャーが来てしまうのか。

以上、想定初手二択に機動型の傾向を考慮から導き出された答えは。。。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競輪へ
にほんブログ村

“オーラ”

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競輪へ
にほんブログ村
玉野GIII瀬戸の王子杯争奪戦
(最終日)第9レース S級特別優秀2025m(5周)先頭固定競走
⇐⑤26・③94・⑥①7

別格の⑤中川 誠一郎くんを前に置き、二段ミエミエの近畿⑥①7に付き合うことはないよと、9佐々木に諭された③郡司が⑥と一緒に上がっての最終ホーム⑥①7・③94・⑤26体制。

その局面で③郡司が⑤誠一郎の影に怯えて、自分のタイミングより早く出てしまうと、後方⑤を引き出すだけの52から本命車券か。。。

しかし、③も頭を使い①の飛び出しを待っての仕掛なら、流石の⑤も届かずはあるだろう。
303松岡  健介
だが、⑥大竹を心底納得させるには、①松岡の“オーラ”が必要。“オーラ”を獲得するには、圧倒的な勝利がいる。そして過去に自分で同じことを積み重ねてきたものだけが発するものだが。。。

以上、上記初手から近畿ロケットVS別格の男の行方は。。。
↓ ↓ ↓


競輪ランキングへ

『競輪は初手』


人気ブログランキングへ

玉野GIII瀬戸の王子杯争奪戦
(3日目)第7レース S級特選2025m(5周)先頭固定競走
⇐S③92・⑦4・①586

ルーキー①大竹が、特選シード③松坂に挑戦の構図は、シンプルな概ね2分線。
その鍵を握るのは腕立てマニアの⑦松本 大地。
彼が初手上記の位置から上昇①ラインに大人しく乗って最終ホーム①586・⑦4・③92の一本棒では、流石の特選シード松坂でも巻き返しは至難の前段決着か。。。
image
しかしながら。。。
初手変わり⇐S⑦4・③92・①586となると。まるで展開が変わってしまうのが競輪。
この初手ならかなり確率で決まる、このフォーカスから。。。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競輪へ
にほんブログ村

『仲間の存在は絶対不可欠』

おはようございます。
皆さん、沢山のメッセージにコメントありがとうございます。
御一人御一人に直接心より感謝の気持ちをお伝えしたいところです。
本当にありがとうございます。

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競輪へ
にほんブログ村
玉野GIII瀬戸の王子杯争奪戦
(3日目)第12レースS級準決勝  2025m(5周)先頭固定競走
⇐S⑧2・③46・⑨・⑤①⑦

初手は⑧森田君が受け上記想定。③と⑤の入れ替わりもあるが絶対に失敗出来ない立場に、腹を括っての志願の前回りは地元に託された③ではなく王者の弟子⑤ウッシーくん。
これも競輪で勝ち上がるには、『仲間の存在は絶対不可欠』である事を師匠の競争から学んだゆえの動向か。
302牛山 貴広
そのラインと真向対決するなら阿波のハードパンチャー研太朗くんだが。。。
果たして、そこまで彼を奮い立たせるものを瀬戸の王子様が持っているのか。。。

そんな二段ロケット対決の遣り合いを待っているのが⑧森田に⑨松岡。
いや。。。
松岡は最初から⑤①⑦ラインを追走していることも。
ならば本線は179になるのか。。
またバックから武田が出るようなら後閑なら差せると読めば719が本線か。

以上、初手想定に、このレース鍵を握る③の思惑を読み切きれば獲れるレースは。。。
↓ ↓ ↓


人気ブログランキングへ

livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
本日の厳選予想
最新コメント
競輪ブログ
livedoor 天気
RSS
カテゴリー
  • ライブドアブログ