慶輪9×8×7 ポカリブログ

日本全国どこかで毎日のように開催されてる競輪 狙えるレースは必ずあります。 そんなレースを厳選し、競輪戦術のスキルアップを目標に闘う競輪ブログです。

『競輪は初手』 『競輪に感謝』m(__)m

2015年02月

未踏の地


心躍らせ玉野到着。
image

image
image
image

絶景ポイント

こからからの富士山がベスポジか。
image

ガッツ玉ちゃん

定刻7時50分博多行きで岡山に向かいます。
image
image

『注目の戦い』


人気ブログランキングへ
玉野GIII瀬戸の王子杯争奪戦
(初日)第10レース S級初日特選2025m(5周)先頭固定競走
⇐S①5・③7・②8・⑨64

今節の行方を大きく左右することにもなる注目の浅井 康太VS新田 祐大の同期対決。

浅井 康太は優勝したとはいえ、四日市記念から中2日の強行軍。
228浅井  康太
 「中2日はしっかり休みました。自転車にはまたがってません。中2日だけど、前回も(落車のケアで)実質中4日だったし。今はレースが練習になってるし、そういう意味で走れば今回も戦えるんじゃないかと思います」とコメント。

対する新田祐大は1月平記念、2月全日本選抜と準決勝を除いて全勝。前回の取手でも優勝するなど好調を維持している。
228新田  祐大
 「平や全日本選抜の準決勝はしょうがない。レースの流れもあるし、力がないわけじゃないので。練習はいつもどおりやってきたし、普通に走れば普通に結果は出せると思う。玉野はアマチュアの頃に走ったことがあるけど、プロになってからは初めてですね」と。。。

その中に割って入るのが、南関二段ロケット⑨64。
その南関中核を成す⑥松坂 洋平は、長い欠場明けではあるが、脚の仕上がりは先の小松島F1を見る限りでは万全の体勢か。

そして虎視眈々とカマシ一発を狙うのが阿波のハードパンチャー原田 研太朗くん。

共に、浅井・新田が意識し合う戦いになればなるほどチャンスは膨らむ支線。
またその局面を活かすことの出来る破壊力保持の両ラインだけに軽視は禁物。

以上、上記初手から注目の戦いを制し、主役となるのは。。。
↓ ↓ ↓


競輪ランキングへ

『九州男児』


人気ブログランキングへ
玉野GIII瀬戸の王子杯争奪戦
(初日)第7レース S級一次予選2025m(5周)先頭固定競走
⇐S⑤9・②74・⑧1・⑥3

初手は微妙か。。。
だが機動型の傾向として前受は⑤樫山または、何故か巻き返し不発を繰り返すも前受が好きな⑥も牽制入るならいっちゃうタイプ。
そして地元期待のスーパーダッシュ系・河端 朋之くんが地元番組の恩恵からも凡そ先行1車の構成のなか、初手で、どの位置を取るか最大の焦点。
228河端  朋之
その端やんは、地元記念初参戦の緊張も世界選帰りでタイトなスケジュールではあるが、いい状態は維持しているようだ。
 
「今までは競技と重なって地元記念には出られなかったですからね。世界選からは24日の夕方に帰ってきました。いつものサイクルなんで違和感はないです。ここに向けてはできなかったけど、世界選の調子を維持できていれば何とかなると思う」と、コメントだが。。。
228228樫山  恭柄
以上、番組構成からもレースを支配すことは間違いなしの端やんであるが、不得手な押さえ先行となると、話はまた別の直線大タレから大外伸びてくるのが攻撃力が魅力的な九州男児。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競輪へ
にほんブログ村

livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
本日の厳選予想
最新コメント
競輪ブログ
livedoor 天気
RSS
カテゴリー
  • ライブドアブログ