慶輪9×8×7 ポカリブログ

日本全国どこかで毎日のように開催されてる競輪 狙えるレースは必ずあります。 そんなレースを厳選し、競輪戦術のスキルアップを目標に闘う競輪ブログです。

『競輪は初手』 『競輪に感謝』m(__)m

2014年12月

『競輪に感謝』

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競輪へ
にほんブログ村

みなさん、この一年間、本当にお疲れ様でした。
競輪界をとりまく環境はますます厳しくなっておりますが、おかげさまで今年は365日、一日も欠かすことなく元気にブログを更新することができました。
皆様のご協力に心より感謝申し上げます。
来年も趣向を凝らし、みなさんと共に競輪スキルの上達に励んでいく所存でおります。
それでは幸多き一年になりますよう、お祈りいたしております
IMG01081

『競輪は初手』 『競輪に感謝』

『ギア規制一発目』

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競輪へ
にほんブログ村
奈良FIeーSHINBUN杯三笠賞
(初日)第12レースS級初日特選2015m(6周)先頭固定競走
⇐S③9・⑦14・⑧2・⑤6

本日よりギア規制が係り、どんな流れになっていくのかが注目される奈良F1戦。
そこで出場選手のギア比を見てみると3.92が多いようだが、まだまだ選手本人たちも試行錯誤の段階で実戦で走ってみて、これからですとのコメントが見受けられる。

さて本日の狙いは上記最終Rから。。。
初手は、細切れゆえにかなり微妙だが人気は地元記念完全優勝を決めた③井上 昌己か。。。

しかし番組屋さんからは地元三谷に主導権濃厚であろう⑦稲毛をセット、そこに4坂上が付き唯一の3車ライン、しかも初手お好きな位置をと1枠プレゼントと、これは大きなアドバンテージから③井上が人気を引っ張るなら地元ラインがお買い得となってくるのは妙味なところか。。。
1231稲毛 健太
そして神拓・菅田の91期同期勢の動向。どちらも斬って好位置キープから捲り追い込みが基本形の二人。
例え、その策が上手く流れたとしても今の状況では車の出ない二人。しかも駆けているのは稲毛だ。これはかなりの至難。
1231三谷 将太
しかしながら舞台は、超小回り333奈良。
稲毛を叩いて駆けてしまえはあるだろう。
ならば波乱かと思いきや、そんな局面なら人気の③が届いてきてしまう。

以上、上記初手から出し惜しみせずにレースを支配するこの男から↓
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

『徹底先行型から自在型へ。。。』


人気ブログランキングへ

松戸FII第15回松戸七福神杯
(最終日)第8レースA級特選2015m(6周)先頭固定競走
⇐S⑥(19)34・・5・⑦28

初手は、⑦が受けたいところも内枠を活かし1が取り地元⑥を迎える上記初手想定だが、当然⑦の前受からもあるだけに決め打ちは出来ない競りありの2分線の初手。。。

さて、⑦峠 祐介くんは、かつてG1戦線で先行1本で戦って来た関東の頼もしい先行屋さん。その⑦が現在は先行で培った脚を駆使して横の捌きで勝ち星量産中。近況の戦いぶりからイメージすると前々踏んで⑥への飛びつき策が真っ先に浮かぶ。
1231峠  祐介
しかし⑥の箱はドンから我が栃木の縦型マーカー9黒田の篤っちゃんが1増田 利明と競り模様。
ならば、競りに参加することなく、自力でねじ伏せてしまえは選択肢の一つ。
意外に、こんな場面で⑥を後方に置き、かつての先行スキルを活かし、後ろに同県二人が付くのなら行ってしまえははあるだろう。

もし飛びつきの7=6が異常に売れるなら7の駆け出しから番手2大沢からが妙味なところ。
しかし安心は禁物。。。
昨日インから不意打ちで三番手吉橋を捌いたように流のなかで5川上 真二郎の番手戦もあるからだ。

以上、単調に見える2分線も5の存在が左右する一戦で確定板に上がるのは↓
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競輪へ
にほんブログ村

『勇者には誰でもなれるが、王者には一人しかなれない。』

おはようございます。
競輪界最高峰の戦いGP如何でしたか。。。
1231武田豊樹31231武田豊樹4
レースは、あの日から武田さんのために走ることを決めていたと言う平原 康多が支配。後は寡黙な男が踏み出すだけの展開となったが、そこまでの流れを作りだしたのは紛れもなく有言実行・平原 康多であることは間違いない。

また最終4角からどんぴしゃのタイミングでカマスが、やはり好調時の躍動感とは懸け離れた平成のモンスター深谷知広。そして弟分二人を付け、泥臭く縦横無尽に喰らいつ魂の走り村上義弘。

まさしく前を任された彼らの戦いは勇者であたった。。。
しかし、何年前かのフレーズにもあったように、勝負の世界では、『勇者には誰でもなれるが、王者には一人しかなれない。』
1231武田豊樹1231武田豊樹2
その唯一の王者が『武田 豊樹』
ゴール後は昨日の近藤ドラゴンのような派手なパフォーマンスもなく、うつむき祈りを捧げるような姿。初めてアクションを起こしたのが平原が祝福にやって来た時、武田からもポンと肩を叩くように、『ありがとう』と、そんなやり取りがあったのか。。。

最後の最後まで、武田の立ち振る舞いには、喜びを爆発させるより、あの不祥事の償いを自らの走りで我々ファンに恩返したいとの使命感と、やっと終わったんだとの安堵感だけが伝わってきたのだ。。。


『競輪は初手』 『競輪に感謝』


『2014集大成』

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競輪へ
にほんブログ村

岸和田GPKEIRINグランプリ2014
(最終日)第11レースS級GP2825m(7周)先頭固定競走
⇐S③④・①59・6・⑦28
本日12.30は、我々ファンが、こよなく愛す競輪の2014年集大成。
まずは、そのステージに立つ9人の誇り高き男達に敬意を表します。
今年も我々ファンを一年を通し、喜怒哀楽と、まさに生きてる証をプレゼンとして頂きまして、本当にありがとうございます。心より感謝の気持ちでいっぱいです。
そして忘れていけないのは、彼ら9人の後ろには、時には死に役となり引き出してくれた後輩や仲間たち、そして体を張って献身的にガードしてくれたマーカー陣があってこその今日のステージであることを。。。
1230武田 豊樹
それでは何時ものように初手予想から。。。
S取りの速さは④に敵うものなし。③深谷の希望があるなら④浅井が取っての上記初手ではあるが、やはり③にとって戦法の幅は狭まるのは正直なところだがそれでも誘導ペースが上がるゆえ2車で押さえて行くよりはの前受策。。。

そして真ん中は①が有力。後方からは、説明するまでもなく恩義に応えるべくこの舞台がある⑦平原。本来ならもがくける距離を短く、別戦切ってのカマシが理想も、そんな甘い走りは許されるもではないことは本人も承知な押さえ先行。そのラインを叩くことなく①ラインが追走のホーム⑦②8・6・①59・③4か。。。

変わって①が受けて、真ん中⑦②8・6・③4なら、③4の上昇と共に⑦も上がるが③を出すことなく⑦28の主導権から③は外浮き中団に①が入るパターン。同局面から③に出切られて③④・⑦②8から、⑦は立て直し発進するも④に合され終了。そこを立て直す②武田が8を連れ捲り上げるパターン。その②8に乗って行くのが6岩津なのか①兄か。。。

また兄なら間髪入れずに②8を飲みこむべく仕掛けていくのか。。。と、以上が風呂に浸かりながら、夜布団に入ってからと、100回以上もシュミレーションしたなかでも一番鮮明に出で来たシーンである。

そしてここまで見解を述べてきてなんだよと、お叱りを受けそうだが、あの武田の男気先行から弟分、平原をG1優勝に導いたシーンから私の買い目は武田と決めていたことを報告したい。当然2着は神様の28。
1230神山雄一郎
3連単は28で決まる流れなら3着は4・5・6がセオリー。ちょっと捻るなら仕掛ける①を5が最後まで信頼し外を仕掛け、インをつく9が8にスイッチの2=8-9、もっと捻るならその局面で8神山でさえもがっついて早目に外踏み、武田に張られインが空き、そこが地元⑨稲川のVロードとなる9-2=8か。。。それは関東追走濃厚⑥岩津にも言えることなので、最後の最後にドラマが起きるなら28のアンコか、神山グランプリ5度目の2着と、後は神のみぞ知る。。。

以上2014の集大成はこれだ↓
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
本日の厳選予想
最新コメント
競輪ブログ
livedoor 天気
RSS
カテゴリー
  • ライブドアブログ